Wie Immer / Immekus, Kossack, Ruckhäberle

¥ 6,160

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • レターパック

    ポスト投函も可能。追跡サービスも利用できます。

    全国一律 360円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

「Wie Immer (いつものように)」は、カトリーナ・イメクス、オリバー・コサック、クリストフ・ルックへバーレが参加した同タイトルのグループ展(エッチング協会 / ミュンヘン / 2008 / キュレーターはヨゼフ・フィリップ)に併せて刊行された。三名によるリノカット版画 モノクロ、192点が収録された、ボリュームのある一冊。

オフセット印刷 4c(カバー) / リノカット版画 モノクロ (本文) / 196p. / 16x20cm / 300部 / 2008年 / ISBNなし

The linocut book is released on the occasion of the exhibition "Wie Immer" by Katharina Immekus, Oliver Kossack and Christoph Ruckhäberle at the Verein für Original-Radierung München from 27.9. until 17.10.2008, curated by Josef Filipp.
This chunky linocut book features the work of Katharina Immekus, Oliver Kossack and Christoph Ruckhäberle, whose bold black and white compositions range from thickly carved abstract designs to figure studies created by webs of delicately inscribed lines. Though illustrating the scope of aesthetic possibilities of linocut printmaking, Wie Immer integrates the work of the three artists by allowing the imagery to flow from one page to the next in a string of visual associations.

Artist book with 192 black and white original linocuts by the three artists
Paperback, 196 pages, 16x20 cm, edition of 300
Released 2008
without ISBN